So-net無料ブログ作成
検索選択

リクオさん@もっきりや [リクオ]

897633277_201.jpg 昨年12月以来、二度目のもっきりやです^^
 比較的近く?て、コンスタントにリクオさんのグランドピアノが聴けるのは、ココ♪癖になるハコです。

YOSUI TRIBUTE

YOSUI TRIBUTE

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: フォーライフミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2004/11/01
  • メディア: CD

 ライヴ前の音楽は、大滝詠一井上陽水カバーアルバム。なんとなく夏、なんとなく海な感じでした^^湘南に引越しされた影響でしょうか???
 リクオさんのいでたちは、ライトブルーとライトグリーンの幾何学模様のシャツにジーパン、夏向き帽子には羽が付いていました^^
 「ハイ&ロー」「マウンテンバイク」「穴を掘る」からはじまり…
 新しいアルバムからも…「アイノウタ」「はかめき」「すべてを忘れない」「2人のワンダフルワールド」「君を許して僕を許して」「くよくよすんなよ」も。「はかめき」⇒「すべてを忘れない」なんて、反則技な選曲。涙しました…。
 あと、「バー・タイム・ブルース」「孤独とダンス」「ランブリングマン」などなど…。
 「機関車」「アフリカの夜」「スローなブギにしてくれ」「夜霧よ今夜もありがとう」「Jealous Guy」などのカバー曲もたくさん♪今回、新しい曲のカバーも聴かせていただきました♪ air plants ワンマン8月19日(火)渋谷7th Floorの時に、正式お披露目のようです♪
 ここ4年ほど、ついついリクオさんのライヴに足を運んでしまう。(昨年など、22回。自分でも呆れてしまうほどだけれど・・・。)今のリクオさんは、目が離せないという気がしてならない。常に動いて変容しているリクオさん。ライブに行く毎に同じ曲であっても、同じでないという感じが強い。メジャーというのは、常に同じであることを強いられているのかもしれない。メジャーでないというのは、常に変容して、変化することが許されているように思える。「ピアノマン転がる」転がることは、変化だし、変化を起こすものは、揺るぎない核心をきちんと持っているからできることなんだろうと思う。転がっているうちに、なくなってしまっては意味がない・・・。
 人間には、常にこの変化するということが必要だと思う。常に同じ容の幸せや愛などが存在するわけなどない。
 そんな中で、リクオさんの「What's Love?」
 人間関係すらうまく結べない私なので、「愛って、何やねん?」と聞かれても、皆目検討すらつかない。でも、このアルバムを聴くと胸がキュンとなる。ってことは、何か私の中にも、琴線に触れる何かがあるってことねと安心する。

What’s Love?

What’s Love?

  • アーティスト: リクオ
  • 出版社/メーカー: 3d system(DDD)(M)
  • 発売日: 2008/08/06
  • メディア: CD

  •  897881119_12.jpg9月渋谷のレコ発ライヴが楽しみです^^v

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

Y.HAGA

こんにちは。manaさんのメジャーと否メジャーの定義、とても共感しました。リクオって人は、何かきっかけを掴めばあっという間にメジャーになってしまえる人だと思うんですよね。でも、それで同じであることを強いられてしまうのであれば意味がないと彼は考えているんじゃないでしょうか?
メジャーミュージシャンのサポートをするようなこともほとんどないし、あえて変化することが許されている立場に自分を置いているんだと思うんですよね、僕は。彼の生き方には、ほんと学ばされることが多いです。
by Y.HAGA (2008-08-13 10:35) 

mana

 コメント、ありがとうございます^^
 リクオさんのらイヴを観ていて飽きないし・・・。もう一方でTVやラジオから流れる曲はすぐに飽きてしまう・・・。
 今のリクオさんに出会えてよかったなあと思います♪
by mana (2008-08-13 20:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。