So-net無料ブログ作成
検索選択

相馬へ その1 [山口洋]

■12月10日 (土) LIVE IN SOMA CITY@福島県相馬市 FOOD&BAR 101
Akeboshi、山口洋

 人生二度目の福島県。
 何故、相馬へ行こうと思ったのか?相馬には、縁も所縁もない。
 ヒロシさんがライヴをすること。中野さんが熱く語っていたから。
 同僚たちは、被災地支援に入っていたけれど、私は、被災地に行っていないということ。
 日本で重大な事件が起こっているのに、現場を観ていないこと。何が起こっているのか、自分で確かめたい。
 様々な要因から、Twitterで情報が流れてすぐにホテルの予約と夜行バスの予約をとった。
 私の相馬への道は、金曜日の夜行バスから始まった。久しぶりの夜行バスで仙台へ。早く予約したからか、最前列の窓側の席。三列シートは快適でよく寝れました。
 仙台で東京からの友を待ち、ふたりでJRで亘理駅まで。そこから代行バスで相馬駅まで。

 静かで、おっとりして、美しい感じを受ける街。
468817391.jpg
 まずは、腹ごしらえ♪ 駅前の「ふくしまや」さん。天ぷらそば美味しかったです!翌日も同じもの食べました。
468846428.jpg
 食後の市内散策。想像していたより、寒くなく、広い空。
 ライヴの場所を確認して、ホテルへチェックイン。

 PIC_043201.jpg
 一時間前ぐらいに101へ。自分でキャンドルを灯す。振り向けば月。
PIC_043301.jpg
PIC_043401.jpg
 増殖するキャンドル。

 この夜のライヴは、特殊でした。
 相馬野馬追のほら貝から始まりました。力強く、気高く、美しい音色でした。相馬の歴史の一端に触れました。
 マスコミや、政治はなんとも陳腐であるけれど、この音がある限り、日本は捨てたもんじゃないと思いました。

 この夜に、居ることができたのは、本当に奇跡的なことでした。
 Akeboshiというすばらしいミュージシャンを生で観ることもできました。
 出発の歌がこれだけ胸に響くなんて。
 ヒロシさんのギターに、いつにも増して、揺さぶられ。
 ステージでヒロシさんが一気飲みした、ドンペリの甘い香り。
 悲しいから涙が出るのか。感動して涙が出るのか。
 涙が出るから悲しいのか。涙が出るから感動するのか。
 
 Twitterで、石井さんという方の星占いチェックしているのですが、『古代に建造された神事のための橋を渡って、その橋が造られた真の理由に触れるような日。』ってあったのですが、そんな感じ。

 自分の中で、悲しい別れがあって、その別れは、永久に癒されるわけではないけれど、今、私は生きていて、やりたいと想うことをやれている幸せ。
 混乱や、狂気の中にいるけれど、生きているという時間があるから。
 辛いことおあるけれど、音楽があるから大丈夫。
 死ぬまで、生きれるから大丈夫。
 そう、確認できた月食の夜でした。
 
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。